top of page
Image by Tamara Gak

PUBLICATIONS

掲載論文・特許など

研究業績: お知らせ

ORIGINAL PUBLICATIONS

SUBRAMANIAN, R.; SUZUKI, Y.; TALLORIN, L.; SAHU, S.; THOMPSON, M.; GIANNESCHI, N. C.; BURKART, M. D.; TEZCAN, F. A.* “ENZYME-DIRECTED FUNCTIONALIZATION OF DESIGNED, TWO-DIMENSIONAL PROTEIN LATTICES”

BIOCHEMISTRY, 60, 13, 1050 – 1062 (2021).

HTTPS://PUBS.ACS.ORG/DOI/10.1021/ACS.BIOCHEM.0C00363

ZOU, Y.; ITO, S.; YOSHINO.; SUZUKI, Y.; ZHAO, L.; KOMATSU, N. * “POLYGLYCEROL GRAFTING SHIELDS NANOPARTICLE FROM PROTEIN CORONA FORMATION TO AVOID MACROPHAGE UPTAKE”,

ACS NANO, 14, 6, 7216 – 7226 (2020)

HTTPS://PUBS.ACS.ORG/DOI/10.1021/ACSNANO.0C02289

ALBERSTEIN, R.; SUZUKI, Y.; PAESANI, F.; TEZCAN, F. A. * “ENGINEERING THE ENTROPY - DRIVEN ENERGY LANDSCAPE OF A DYNAMIC, NANOPOROUS PROTEIN ASSEMBLY”

NATURE CHEMISTRY, 10, 732 – 739 (2018).

HTTPS://WWW.NATURE.COM/ARTICLES/S41557-018-0053-4

SUZUKI, Y.; CARDONE, G.; RESTREPO, D.; ZAVATTIERI, P. D.; BAKER, T. S.; TEZCAN, F. A. * “SELF-ASSEMBLY OF COHERENTLY DYNAMIC, AUXETIC TWO-DIMENSIONAL PROTEIN CRYSTALS”

NATURE, 533, 369 – 373 (2016).

HTTPS://WWW.NATURE.COM/ARTICLES/NATURE17633

KOTLER, S. A.; BRENDER, J. B.; VIVEKANANDAN, S.; SUZUKI, Y.; YAMAMOTO, K.; MONETTE, M.; KRISNAMOORTHY, J.; WALSH, P.; CAUBLE, M.; BANASZAK-HOLL, M. M.; MARSH, E. N. G.; AND RAMAMOORTHY, A. * “HIGH-RESOLUTION NMR CHARACTERIZATION OF LOW ABUNDANCE OLIGOMERS OF AMYLOID-Β WITHOUT PURIFICATION”

SCIENTIFIC REPORTS, 5, 11811 (2015).

PARITALA, H.; SUZUKI, Y.; CARROLL, K. S. * “DESIGN, SYNTHESIS AND EVALUATION OF FE-S TARGETED ADENOSINE 5′-PHOSPHOSULFATE REDUCTASE INHIBITORS”

NUCLEOSIDES, NUCLEOTIDES AND NUCLEIC ACIDS, 34, 199 – 220 (2015).

PARITALA, H.; SUZUKI, Y.; CARROLL, K. S. * “EFFICIENT MICROWAVE-ASSISTED SOLID PHASE COUPLING OF NUCLEOSIDES, SMALL LIBRARY GENERATION, AND MILD CONDITIONS FOR RELEASE OF NUCLEOSIDE DERIVATIVES”

TETRAHEDRON LETTER, 54, 1869 – 1872 (2013).

SUBRAMANIAN, T.; PAIS, J.; LIU. S.; TROUTMAN, J. M.; SUZUKI, Y.; SUBRAMANIAN, K. L.; FIERKE, C. A.; ANDRES, D. A.; SPIELMANN, H. P. * “FARNESYL DIPHOSPHATE ANALOGUES WITH ARYL MOIETIES ARE EFFICIENT ALTERNATE SUBSTRATES FOR PROTEIN FARNESYLTRANSFERASE”

BIOCHEMISTRY, 51, 8307 – 8319 (2012).

SUZUKI, Y.; BRENDER, J. R.; SOPER, M. T.; KRISHNAMOORTHY, J.; ZHOU, Y.; RUOTOLO, B. T.; KOTOV, N. A.; RAMAMOORTHY, A.*; MARSH, E. N. G. * “RESOLUTION OF OLIGOMERIC SPECIES DURING THE AGGREGATION OF AΒ1-40 USING 19F NMR”

BIOCHEMISTRY, 52, 1903 – 1912 (2013).

SUBRAMANIAN, T.; PAIS, J.; LIU. S.; TROUTMAN, J. M.; SUZUKI, Y.; SUBRAMANIAN, K. L.; FIERKE, C. A.; ANDRES, D. A.; SPIELMANN, H. P. * “FARNESYL DIPHOSPHATE ANALOGUES WITH ARYL MOIETIES ARE EFFICIENT ALTERNATE SUBSTRATES FOR PROTEIN FARNESYLTRANSFERASE”

BIOCHEMISTRY, 51, 8307 – 8319 (2012).

SUZUKI, Y.; BRENDER, J. R.; HARTMAN, K.; RAMAMOORTHY, A.*; MARSH, E. N. G. * “ALTERNATIVE PATHWAYS OF HUMAN ISLET AMYLOID POLYPEPTIDE AGGREGATION DISTINGUISHED BY 19F NMR DETECTED KINETICS OF MONOMER CONSUMPTION”

BIOCHEMISTRY, 51, 8154 – 8162 (2012).

CHENG, R. P. *; WENG, Y.; WANG, W.; KOYAC, M. J.; SUZUKI, Y.; WU, H.; YANG, A.; HSU, H.; KUO, H.; GIRINATH, P.  “HELIX FORMATION AND CAPPING ENERGETICS OF ARGININE ANALOGS WITH VARYING SIDE CHAIN LENGTH”

AMINO ACIDS, 36, 493 – 499 (2012)

SUZUKI, Y.; BUER, B. C.; AI-HASHIMI, H. M.; MARSH, E. N. G. * “USING FLUORINE NMR TO PROBE CHANGES IN STRUCTURE AND DYNAMICS OF MEMBRANE-ACTIVE PEPTIDES INTERACTING WITH THE LIPID BILAYER”

BIOCHEMISTRY, 50, 5979–5987 (2011).

CHENG, R. P. *; GIRINATH, P.; SUZUKI, Y.; KUO, H.; HSU, H.; WANG, W.; YANG, P.; GULLICKSON, D.; WU, C.; KOYACK, J. M.; CHIU, H.; WENG, Y.; HART, P.; KOKONA, B.; FAIRMAN, R.; LIN, T.; BARRETT. O. “POSITIONAL EFFECTS ON HELICAL ALA-BASED PEPTIDES”

BIOCHEMISTRY, 49, 9372–9384 (2010).

CHIU, H.; SUZUKI, Y.; GULLICKSON, D.; AHMAD, R.; KOKONA, B.; FAIRMAN, R.; CHENG, R.P. * “HELIX PROPENSITY OF HIGHLY FLUORINATED AMINO ACIDS”

JOURNAL OF AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 128, 15556-15557 (2006).

REVIEW

MARSH, E. N. G.*; SUZUKI, Y. “USING 19F NMR TO PROBE BIOLOGICAL INTERACTIONS OF PROTEINS AND PEPTIDES.”

ACS CHEMICAL BIOLOGY, 9, 1242 – 1250 (2014).

PATENT

TEZCAN, F. A.; SUZUKI, Y. METHOD FOR FABRICATING TWO-DIMENSIONAL PROTEIN CRYSTALS”,

PCT: WO2017011705A1,JANUARY 2017.

OTHERS

鈴木雄太,“バイオナノロボット創生を目指したタンパク質デザイン工学” 化学と工業, 72-7, AUGUST 2019

鈴木雄太,  “SUNY/ミシガン/UCSD大学留学体験記 ~FROM ART TO CHEMISTRY~” 生命化学研究レター, 53, 26–33 (2017) 

鈴木雄太, タンパク質デザインによる機能性 2D バイオマテリアルの創生および今後の展開” 蛋白質科学会アーカイブ, 12, EESSAY 09 (2019)

Image by Miguel Henriques

PRESENTATIONS

招待講演・学会発表

研究業績: お知らせ

SELECTED INVITED TALKS(主な招待講演)
 

鈴木雄太  “タンパク質デザインによるバイオナノロボットの創生を目指して”
研究会「生命の分子システムの理解に向けて何を創れば良いか?」, 自然科学研究機構 山手キャンパス, 愛知, 2023年5月

 

鈴木雄太  “タンパク質デザインによるバイオナノロボットの創成を目指して”
第33回生物無機化学夏季セミナー, オンライン, 2021年7月

 

SUZUKI, Y. “PROTEIN DESIGN AND ENGINEERING TOWARD THE FUNCTIONAL BIOMATERIALS”
SPIRITS INTERNATIONAL SYMPOSIUM – SHAPING SELF-ASSEMBLED MESOSCALE (BIO)MATERIALS WITH MICROENGINEERING, 京都大学 物質−細胞統合システム拠点, 京都, 2020年2月

 

SUZUKI, Y. “PROTEIN DESIGN AND ENGINEERING TOWARD THE FUNCTIONAL BIOMATERIALS”
理化学研究所 横浜キャンパス, 神奈川, 2019年10月

 

SUZUKI, Y. “CHEMICAL DESIGN OF 2D PROTEIN SELF-ASSEMBLY”
第19回日本蛋白質科学会年会 “若手奨励賞シンポジウム”, 神戸国際会議場, 兵庫, 2019年6月

受賞:若手奨励賞優秀賞, 若手奨励賞, およびTHE EMBO JOURNAL AWARD(優秀賞の中から1名)受賞
 

SUZUKI, Y. “PROTEIN DESIGN AND ENGINEERING TOWARD FUNCTIONAL BIOMATERIALS”
日本化学会第99春季年会「若い世代の特別講演会」, 甲南大学 岡本キャンパス, 兵庫, 2019年3月

受賞:若い世代の特別講演証
 

SUZUKI, Y. “TOWARD FUNCTIONAL BIOMATERIAL: DESIGNED CONSTRUCTION OF COHERENTLY DYNAMIC, AUXETIC TWO-DIMENSIONAL PROTEIN CRYSTALS.”
日本環境変異原学会第47回大会, 京都大学 桂キャンパス, 京都, 2018年11月

 

鈴木雄太 “タンパク質デザインによるバイオナノロボットの創製に向けて”
薬学部講演会, 東京大学 弥生キャンパス, 東京, 2018年10月

 

SUZUKI, Y. “DESIGN AND CONSTRUCTION OF COHERENTLY DYNAMIC, AUXETIC TWO-DIMENSIONAL PROTEIN CRYSTALS.”
レドックス・ライフイノベーションシンポジウム, 東京大学 弥生キャンパス, 東京, 2018年3月

 

SUZUKI, Y. “SELF-ASSEMBLY OF COHERENTLY DYNAMIC, AUXETIC TWO-DIMENSIONAL PROTEIN CRYSTALS.”
BIOCHEMISTRY SEMINAR, 東京農工大学 小金井キャンパス, 東京, 2017年10月

 

SUZUKI, Y. “SYNTHESIS OF BIOMATERIALS BY PROTEIN ENGINEERING 〜FROM 2D PROTEIN MATERIALS TO SPIDER SILK〜”
大阪大学蛋白質研究所セミナー(産業応用を志向するタンパク質溶液研究), 大阪大学 吹田キャンパス, 大阪, 2017年9月

 

SUZUKI, Y. “DESIGN AND CONSTRUCTION OF COHERENTLY DYNAMIC, AUXETIC TWO-DIMENSIONAL PROTEIN CRYSTALS.” 
CHEMBIO講演会, 京都大学 桂キャンパス, 京都, 2017年6月

 

SUZUKI, Y. “SELF-ASSEMBLY OF COHERENTLY DYNAMIC, AUXETIC TWO-DIMENSIONAL PROTEIN CRYSTALS.”
APPLIED PHYSICS SEMINAR, 筑波大学, 茨城, 2016年11月

 

SUZUKI, Y. “SELF-ASSEMBLY OF COHERENTLY DYNAMIC, AUXETIC TWO-DIMENSIONAL PROTEIN CRYSTALS.”
CHEMICAL BIOLOGY SEMINAR, UNIVERSITY OF MICHIGAN, ANN ARBOR, MI., 2016年5月

 

SUZUKI, Y. “DESIGN AND CONSTRUCTION OF COHERENTLY DYNAMIC, AUXETIC TWO-DIMENSIONAL PROTEIN CRYSTALS.” 
BIOMOLECULAR SEMINAR, 東京工業大学 すずかけ台キャンパス, 神奈川, 2016年2月

 

SUZUKI, Y. “TOWARD THE IDENTIFICATION OF INHIBITORS THAT TARGET LATENT TB INFECTION”
LSI COLLOQUIUM, UNIVERSITY OF MICHIGAN, ANN ARBOR, MI., 2009年3月

 

 

 

SELECTED CONFERENCE PRESENTATIONS (主な学会発表)

鈴木雄太 “合理設計による機能性タンパク質集合体の構築”
第60回日本生物物理学会年会, 函館市民会館, 北海道, 2022年9月
口頭発表

 

SUZUKI, Y. “PROTEIN DESIGN AND ENGINEERING TOWARD FUNCTIONAL BIOMATERIALS.”
第13回バイオ関連化学シンポジウム, 東北大学 青葉山東キャンパス, 宮城, 2019年9月
口頭発表

 

SUZUKI, Y.  “SELF-ASSEMBLY OF COHERENTLY DYNAMIC, AUXETIC TWO-DIMENSIONAL PROTEIN CRYSTALS.”
10TH INTERNATIONAL PEPTIDE SYMPOSIUM, ロームシアター京都, 京都, 2018年12月
ポスター発表

 

SUZUKI, Y. “SELF-ASSEMBLY OF COHERENTLY DYNAMIC, AUXETIC TWO-DIMENSIONAL PROTEIN CRYSTALS.”
第66回高分子学会, 幕張メッセ, 千葉, 2017年5月
口頭発表

 

SUZUKI, Y. “SELF-ASSEMBLY OF COHERENTLY DYNAMIC, AUXETIC TWO-DIMENSIONAL PROTEIN CRYSTALS.”
日本ケミカルバイオロジー学会第11回年会, 京都テルサ, 京都, 2016月6月
口頭発表

 

SUZUKI, Y. “DESIGN AND CONSTRUCTION OF COHERENTLY DYNAMIC, AUXETIC TWO-DIMENSIONAL PROTEIN CRYSTALS.” 
251ST AMERICAN CHEMICAL SOCIETY NATIONAL MEETING, SAN DIEGO, CA., 2016年3月

口頭発表
受賞:OUTSTANDING PRESENTATION AWARD FROM DYNAMIC AND TUNABLE BIOMATERIAL SYMPOSIUM
 

SUZUKI, Y.  “SELF-ASSEMBLY OF COHERENTLY DYNAMIC, AUXETIC TWO-DIMENSIONAL PROTEIN CRYSTALS.”
UNIVERSITY OF CALIFORNIA SYMPOSIUM FOR CHEMICAL SCIENCES, UCLA LAKE ARROWHEAD, CA., 2016
年3月
口頭発表

 

SUZUKI, Y. “ALTERNATIVE PATHWAYS OF HUMAN ISLET AMYLOID POLYPEPTIDE AGGREGATION DISTINGUISHED BY 19F NMR-DETECTED KINETICS OF MONOMER CONSUMPTION”
EMBO CONFERENCE SERIES – CHEMICAL BIOLOGY, HEIDELBERG, 2012月9月
ポスター発表

受賞:EMBL CORPORATE PARTNERSHIP REGISTRATION FEE FELLOWSHIP
 

SUZUKI, Y. “DIRECT MEASUREMENT OF AMYLOID FIBRILLOGENESIS AND ITS INHIBITIONS BY 19F NUCLEAR MAGNETIC RESONANCE”
VAUGHN SYMPOSIUM, UNIVERSITY OF MICHIGAN ANN ARBOR, MI., 2012年8月
ポスター発表

受賞:VAUGHAN SYMPOSIUM TRAVEL AWARD
 

SUZUKI, Y. “USING 19F NMR TO PROBE CHANGES IN STRUCTURE AND DYNAMICS OF MEMBRANE-ACTIVE PEPTIDES INTERACTING WITH THE LIPID BILAYER”
日本ケミカルバイオロジー学会第11回年会, 東京工業大学 大岡山キャンパス, 東京, 2011年5月
ポスター発表

 

フォーム

FUNDINGS

研究費

研究業績: お知らせ

科研費(JAPAN SOCIETY FOR THE PROMOTION OF SCIENCE)

 

若手研究 2024−2026年度:野地

「多彩な機能を搭載可能な高次アミロイドマテリアルの新規設計」
研究代表者

 

学術変革領域(B) 20212023年度:鈴木

「高次機能性タンパク質集合体の設計法『SPEED』の確立」領域代表

「高次機能性タンパク質集合体の設計法『SPEED』の確立」総括班代表

「メゾスケール構造変化能を有する高秩序タンパク質集合体デザイン」計画班(A01班)代表

『SPEED』HP:HTTPS://SITES.GOOGLE.COM/VIEW/PROTEINENGINEERING-SPEED

 

特別研究員奨励費 2021−2023年度:野地

「アミロイドを基盤とした蛋白質マテリアルの新規設計と自己組織化を制御する因子の解明」
研究代表者

 

研究活動スタート支援 2020年度:野地

「バイオマテリアルの新規基盤構造への応用を目指したアミロイド線維の伸長制御法の確立」
研究代表者

 

基盤研究(B) 2019−2022年度:鈴木

「外部刺激応答性バイオナノマシンの創成を目指したタンパク質デザイン工学」研究代表者

 

挑戦的研究(萌芽) 2019-2021年度:鈴木

「天然タンパク質由来の機能をプログラムした人工タンパク質集合体の創生」研究代表者

 

研究活動スタート支援 2018年度:鈴木

「腫瘍転移巣微小環境メカニズム解明と制御コンセプトの確立」研究代表者

 

科学技術振興機構(JAPAN SCIENCE AND TECHNOLOGY AGENCY)

 

戦略的創造研究推進事業(さきがけ)『自在配列』領域 20222025年度:鈴木

「自在配列による機能性タンパク質集合体の創成」

 

助成金

 

​一般社団法人 伊藤忠兵衛基金 2021年度:鈴木

「タンパク質デザインによる機能性バイオマテリアルの創成」研究代表者

 

公益財団法人 武田科学振興財団ライフサイエンス研究助成 2019-2020年度:鈴木
 
「タンパク質設計による医薬応用を目指した生体材料の創製 」研究代表者

 

一般社団法人 日本血液学会研究助成 2018年度:鈴木
 
「癌転移制御を可能とするE-SELECTIN阻害ペプチドライブラリの構築」研究代表者

 

その他

 

大阪大学蛋白質研究所 客員フェロー 研究費 2020年度:鈴木

「タンパク質デザインによる機能性バイオマテリアルの作製および解析」

 

大阪大学蛋白質研究所 客員フェロー 研究費 2019年度:鈴木

「伸縮性を有したタンパク質集合体のデザインおよび創出」

 

京都大学エネルギー理工学研究所 ゼロエミッションエネルギー拠点
共同利用・共同研究 2018・2019年度:鈴木

「外部刺激応答型タンパク質集合体のデザイン・構築」

 

国立大学改革強化推進補助金 2018年度:鈴木

「タンパク質デザインによるバイオナノロボットの創成を目指して」

 

京都大学白眉プロジェクト研究費 2018−2023年度:鈴木

「タンパク質デザインによるバイオナノロボットの創成を目指して」

 

bottom of page